HOW TO ENJOY

  • HOME »
  • HOW TO ENJOY
キャビアの楽しみ方

キャビアの味を一番引き出す食べ方は、氷の上に盛ったものですが、この食べ方に抵抗がある方は、薄くバターを塗ったパンに乗せて召し上がることをお薦めします。 キャビアは伝統的に、真珠製のスプーンを使って食されていました。これは、鉄類のスプーンを利用することによる酸化や科学変化を防ぐ為で、真珠製以外にも木製などのスプーンを用いることもあります。キャビアの試食等では、手の甲に乗せて、そこから食べることもあります。


盛り付け方は、お皿の上に、贅沢に、ふんだんに乗せます。キャビアを口に入れたら、舌と口の天井部の間で転がした後、息を吸いながらゆっくり天井に押し付けてキャビアを破裂させることによって香りを楽しみます。鼻で息を吐きながら飲み込み、後味を楽しむのです。


キャビアは、シャンパン又はウォッカとペアリングするのが好ましいとされています。フルーティーでうっすらした酸味を持つシャンパンと、クリーミーで風味のあるキャビアの相性は抜群です。また、ウォッカはお口直しのごとく口の中をリフレッシュしてくれるので、キャビアの味を毎回楽しめるのです。お酒を飲まれない方には、高品質の水と飲むことで、キャビアのそのままの味を楽しめます。

 

よくある勘違いで、新鮮なキャビアを食すために開けてすぐ食べようとしますが、ワインと同じように、キャビアも空気を含ませることが美味しく食べる秘訣です。よく観察すると、ギャビアが空気を含んで膨らみ、口の中での香りを一層豊かにします。これが、成熟したチョウザメから採取した高品質キャビアの証拠です。


PAGETOP
Copyright © SANSHI BUSSAN All Rights Reserved.